中山 未来

 

出身大学

産業能率大学

大学時代の活動

PBL(Project Based Learning)で
「石垣島のもずくをより多くの人に知ってもらうための商品企画」を行いました。 作った商品は”石垣もずくでエコ発電”です。石垣島=エコの島という観点から企画しました。 サークルはバスケでした。飲みサーではなくガチバスケサークルだったので人が近寄らず、 凄く人数が少ないです。 アルバイトは居酒屋と創作イタリアンとオフィスビルの何でも屋さんと ふぐ屋さんと歌舞伎町の鶏屋さんをやっていました!

WonderSpaceの入社の決め手

WonderSpaceの入社の決め手は人の成長を心から応援してくれる会社だと思ったから。 自分に自信がなくて、何かできるようになりたいと思って、ベンチャー企業を目指していました。 しかしベンチャー企業は圧倒的成長と言いつつ宗教じみたとこが多かった。 そんななかワンスぺのインターン生になり、選考も終わっていない中、 35万の合宿に連れてっていただき、こんなに人の成長を応援してくれるのってすごい! と思い入社を決めました。

就活時代の軸

・主体性をもって働ける ・尊敬できる人がいる ・人にあったらいいなを届けることができる

ワンスぺに出会って感じていること

本当に尊敬できる人が多い。毎日、同期や社員さんのここがすごいなあ。と感じながら生きてるけど、そういう風に感じられるようになったのは毎月の研修や月例報告会、毎朝の社長Messageなどを通して自分の考え方も変わっていった結果なんじゃないかと感じています。

これからワンスぺでどんな自分になりたい?

ワクワクのリーダーになりたい、思いやりの先駆者になりたい。 ワクワクのリーダーは、私の掲げているpurposeである 「人の心に眠るワクワクを伝播するインフルエンサー」からきています。 人は心に「あったらいいな」という気持ちがあり、気付いてないです。 その気持ちに気づいてもらったとき凄くワクワクした気持ちになります。 お客様にあったらいいなを届けられる人になりたい。 社内では、ワクワク働く姿を見せて、みんなにワクワクを伝播していきたい。 そんなインフルエンサー(影響する人)になりたい。 思いやりはされたら返したいと思うけど、じゃあ初めの人は誰なんだ、と感じたことがあります。 私はその一人目の、思いやりの先駆者になりたいです。